会社案内

トップメッセージ

強固な意志をもって、術的に限りない上昇と前進を

代表取締役 田邊 浩康

明治29年に田邉鐵工所として産声を上げて以来、115年を超える年月が経過しました。
戦災を乗りこえて、昭和22年6月に遠心分離機の専業メーカーとして創立して以来、多くのお客様・お取引様の暖かい御指導・御鞭撻により技術力を高め、今日に至っております。平成4年には、社名をタナベウィルテックに変更しました。ウィルテックは、「強い意志・意欲を未来にもちつづけるという意のWILL」 「技術(Technology)を表す TEC」の合成語“WILLTEC”を表しています。すなわち、強固な意志をもって、技術的に限りない上昇と前進を求めていきたいと願う心を表現したものです。
時の流れと共に、機械の需要先も繊維業界主体から化学薬品業界主体へと大きく変わっています。それに伴い、ろ過原理こそ変わらないですが、計装技術の向上・機械容量の大型化・GMPへの対応・ろ過材や使用原料の変化・要素技術の向上などで、技術力に磨きをかけてきました。更に、分離ろ過方式もバッチから連続へ、遠心ろ過方式から加圧+乾燥方式への転換も計られています。これからもお客様の高付加価値かつ少量多品種製品への生産意欲・品質向上に対する努力・環境に対する配慮などからくるニーズに併せて、私達も変わっていかなければなりません。
しかしながら、そのような激変の環境にあって決して変わらないものも、また存在すると思います。そのうちの一つが、機械を使っていただけるお客様に満足してもらいたいという私達の願いです。いつの時代にあっても、この気持ちを持ち続ける事が出来なければ、そのメーカーに未来はありません。この事を肝に銘じて、またお客様に満足して頂ける事を唯一の励みとして、私達は技術力の向上・研鑚に励んでいきます。
皆様方におかれましては、より一層のご支援・ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

topへ

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせ