遠心分離とは

遠心分離とは

納入後のメンテナンス

メンテナンス上の法規として労働安全衛生規則より、遠心分離機については、
『1年以内ごとに1回下記項目について自主検査を行わなければならない。』と定められています。

  1. 回転体の異常の有無
  2. 主軸の軸受部の異常の有無
  3. ブレーキの異常の有無
  4. 外枠の異常の有無
  5. 前各号に掲げる部分のボルトのゆるみの有無
    〔安全衛生規則 第141条 定期自主検査より〕

弊社ではテクニカルサービス(修理)部門を用意し、
法令点検の実施やいかなるトラブルにも即応できるサービス体制を整えております。

海外での技術サービス(アメリカ)

サポートダイヤル

topへ

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせ